« 2010年百尋の滝水量多し | トップページ | 西鎌尾根から槍ヶ岳 »

2010年6月11日 (金)

安達太良山

ウラジロヨウラクが見られることを期待したが今年は季節変遷が10日以上遅れていて期待はずれとなった。入梅前の晴間に東京駅7時、日帰りバスに乗った。土曜日で東北道は渋滞し、奥岳スキー場のゴンドラりふと、アダタラエクスプレスを降りて曇天の薬師岳に下り立ったのが12時02分、しかも山頂方面はガスで見通し悪く、降雨を覚悟し、登頂開始した。山頂まではガスの中であったが乳首の岩峰に登ったところで西側の磐梯山方面は見通しがよく、猪苗代湖、秋元湖、西吾妻連山など眺望できた。牛の背付近は風の名所で、危険箇所と言われている。黒がね小屋を経て勢至平経由下山、奥岳温泉に午後4時05分に到着、温泉入浴午後5時に帰路、東京駅8時45分着、徒歩4時間より往復バスの時間が7時間半となり、とにかく百名山の一山制覇の山行きで、目的の花に合えず心残りの山であった。行きのゴンドラリフト乗り場のベンチ付近で杖を置き忘れ、乗車後に気が付いて降車場の方に回収をお願いし、下山後改札窓口にて受け取ることが出来た。ロープウエイの関係者の方には大変お世話をかけました。有難うございました。P1020158brg P1020162brg P1020175brg P1020181_edited1brg

山頂付近

Dsc09217brg

猪苗代湖と磐梯山

Dsc09222brg P1020211_edited1brg

爆裂火口付近

P1020221brg

ムラサキヤシオ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

|

« 2010年百尋の滝水量多し | トップページ | 西鎌尾根から槍ヶ岳 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179546/48604178

この記事へのトラックバック一覧です: 安達太良山:

« 2010年百尋の滝水量多し | トップページ | 西鎌尾根から槍ヶ岳 »